BINANCE:ウクライナのスーパーマーケット「VARUS」と提携


暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2022年9月16日に、ウクライナの大手スーパーマーケットチェーンである「VARUS」と提携したことを発表しました。VARUSは今回の提携を通じて、オンラインでバイナンスが提供する「Binance Pay」を介した仮想通貨決済を受け入れていると報告されています。

こちらから読む:Socios、2年連続バロンドール公式パートナーに「暗号資産」関連ニュース

Binance Payを介した仮想通貨決済に対応

BINANCE(バイナンス)は2022年9月16日に、ウクライナの大手スーパーマーケットチェーンである「VARUS」と提携したことを発表しました。

VARUSは今回の提携を通じて、オンラインでバイナンスが提供する「Binance Pay」を介した仮想通貨決済を受け入れているとのことで、ヨーロッパのスーパーマーケットが「Binance Pay」に対応するのは今回が初であると報告されています。


BINANCEはウクライナトップのフードチェーン小売業者の1つである「VARUS」と提携し、ウクライナ全域で迅速な配送によるシームレスな仮想通貨決済を楽しんでいただけるようにしています。

「VARUS」はBinance Payを受け入れるヨーロッパ初のスーパーマーケットです🤝

「VARUS」はウクライナの28都市に111以上の店舗を構えるウクライナの大手企業であるとのことで、『顧客は仮想通貨を転送して、9都市に商品を即座に届けることができる』とも報じられています。

また、同社は「仮想通貨1通貨でどれくらいの食料品を購入できるか」を確認することができるウェブサイトも公開しており、1BTC/1ETH/1BUSDで購入できるソーセージの量などを掲載しています。

「Binance Pay」をサポートする企業は世界中で続々と増えてきており、最近ではドバイの高級ホテルである「Palazzo Versace Dubai(パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ)」もBinance Payに対応しています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。