フラッシュボットが82%以上のリレーブロックを構築、イーサリアムの中央集権化に拍車

「マージ」のアップグレード完了後、イーサリアム(ETH)はコンセンサス・アルゴリズムをプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行し、ブロックチェーンのエネルギー効率と安全性を高めた。しかし、データから、イーサリアムがブロックの構築にフラッシュボット(単一のサーバー)に大きく依存していることが明らかになり、エコシステムの単一障害点に対する懸念が高まっている。

参照元:仮想通貨・ビットコインのニュースサイト|コインテレグラフ ジャパン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。