気候変動による「環境難民」急増に備えを、国連機関が呼び掛け

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のグランディ高等弁務官は21日、気候変動の影響で自国を逃れる「環境難民」の急増に世界各国が備えなければならないと述べた。難民は数百万人に上る可能性があるとした。世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に合わせてロイターのインタビューに応じた。

続きを読む

1兆本の植林活動では不十分、グレタさんがトランプ氏表明に不満

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは21日、スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で、トランプ米大統領が参加を表明した1兆本の植林活動を念頭に、植林だけでは気候変動の解決に不十分だと述べた。

続きを読む