Coincheck NFT:フクロウモチーフのNFT「Moonbirds」取扱いへ


暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2022年9月14日に、同社が提供しているNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」で、フクロウをモチーフにしたNFT『Moonbirds(ムーンバーズ)』の取扱いを2022年9月21日から開始することを発表しました。

こちらから読む:NFTがもらえるタクシーが東京都内に登場「国内ニュース」

Moonbirds:2022年9月21日15時から販売予定

Coincheck(コインチェック)は2022年9月14日に、同社が提供しているNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」で、フクロウをモチーフにしたNFT『Moonbirds(ムーンバーズ)』の取扱いを2022年9月21日から開始することを発表しました。

Moonbirds(ムーンバーズ)は「PROOF Holdings, Inc」が手掛けるプロジェクトが発行したフクロウをモチーフにしたNFTであり、2022年4月16日に販売された10,000体のNFTがわずか2日間で約330億円の売上を記録するなど、リリース直後から大きな話題となっています。

このNFTは、TwitterやTikTokなどでプロフィール画像として使用することができる「PFP(Profile Picture)」という種類のNFTとなっており、フクロウの色・背景色・目・装飾品・表情などの特性でレアリティが決まり、NFT保有者は1,000人のNFTコレクターとアーティストで構成される「PROOF Collective」の会員権やディスコードへのアクセス権などが得られる仕組みとなっています。

なお、Moonbirdsの取扱いは日本時間2022年9月21日15時頃から開始される予定だと報告されています。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「Moonbirds」の公式サイトはこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像


暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。