1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

今日の低迷する仮想通貨市場において、かつて圧倒的な存在であった「OpenSea(オープンシー)」の8月の総取引量は24時間の取引量記録をさらに下回り、仮想通貨企業はみな突破口を探しています。一方、カタールワールドカップが近づくにつれ、関連するファントークンの価格は上昇に転じました。有名な暗号資産取引所である「CoinEx(コインエックス)」によると、過去30日間で、LAZIOは126.41%、SANTOSは178.88%、PORTOは106%上昇しました。

CoinEx-PR-20220914-001

それとは別に、暗号資産関連企業はスポーツ業界で多くの動きを見せています。Bloombergが報告したように、暗号資産関連企業は過去18ヶ月でスポーツマーケティングに24億ドル以上を提案しています。今日は、2022年にスポーツイベントや組織のスポンサーになった暗号プレイヤーをチェックしてみましょう。

今年初め、Binanceはアルゼンチンサッカー代表チームと5年間のスポンサー契約を結び、その契約は新しいファントークンの開発をカバーしています。

2月10日、TerraはMLBチームのワシントン・ナショナルズとスポンサー契約を締結しました。

2月17日、Bitget exchangeはトルコのサッカークラブGalatasarayとのスポンサーシップ契約を発表しました。

3月4日、マンチェスター・シティ・フットボールクラブは、OKXとのグローバル・パートナーシップを発表し、同クラブの公式暗号資産取引所パートナーに指名しました。7月11日、両者は既存のパートナーシップの延長を発表しています。

3月23日、FIFAは暗号資産取引所のCrypto.comがFIFA 2022 World Cup in Qatarの公式スポンサーになることを発表しました。

4月12日、暗号資産デリバティブ取引所のBitgetは、PGL CS:GO Major Championship 2022とPGL Dota 2 Arlington Major 2022と独占スポンサーになることを発表しました。

4月14日、NFLチームDallas CowboysのゼネラルマネージャーJerry Jones氏が記者会見でBlockchain.comが同チームのスポンサーになることを発表しました。

5月3日、AlgorandはFIFAとのスポンサーシップと戦略的パートナーシップを発表しました。同日、暗号資産取引所のOKXは、マクラーレンレーシングと複数年のパートナーシップを締結しました。

5月9日、バルセロナを拠点とする分散型決済ネットワークのCrypto Snackは、リーガエスパニョーラのサッカークラブであるRCD Espanyolとスポンサー契約を締結したことを発表しました。

5月10日、BinanceはConfederação Brasileira de Futebol(CBF)とのパートナーシップを確保し、ファントークンやNFTの開発、ブランド露出を網羅した3年間の協力計画を締結しました。

5月20日、Coinbaseは、女子バスケットボール協会(WNBA)のエコシステム内での投資拡大を発表しました。

8月18日、Bitget取引所はユベントスフットボールクラブとのパートナーシップを更新しました。

また、CoinExがRLWC 2021のExclusive Cryptocurrency Trading Platform Partnerになるという最近のニュースも特筆に値します。

CoinEx-PR-20220914-002

緑のフィールドからバスケットボールコートを経てレーシングトラックまで、暗号資産企業はすべて仮想通貨分野を超えてその富を発揮しています。しかし市場が衰退し、企業がスポーツに群がるにつれ、スポーツイベントのスポンサーの期待限界収益は予想を下回る可能性があります。

仮想通貨企業にとってスポーツに進出することは、さまざまなユーザーを惹きつけることにつながるかもしれませんが、規制リスクも上昇します。仮想通貨市場では、規制はすべてのビジネスに垂れ下がるダモクレスの剣です。例えば、CZはBinanceがコンプライアンスに10億ドル以上を費やしたことを明らかにしました。

暗号資産プレイヤーが現金を償却すると、FTXがMLBディールの交渉から撤退したことからもわかるように、このブランド競争は終焉を迎えつつあるようです。Crypto.comはまた、この夏の初めに欧州チャンピオンズリーグ(UEFA)との5億ユーロのスポンサーシップ契約を捨てました。

とはいえ、仮想通貨業界ではブランディングとコンプライアンスが常に企業成長の焦点となってきました。ブランディングに関しては、仮想通貨企業は今後、より新しい戦略を採用することになるでしょう。コンプライアンスに関しては、創業チームは自社がルールに基づいて行動することを確認しなければなりません。

最近、CoinExがリトアニアでライセンスを取得したことは注目に値します。「暗号資産取引をより簡単にする」ことにコミットしているCoinExは、常に仮想通貨取引をより身近なものにし、世界中のより多くの個人が安全かつ便利に暗号資産を利用できるようにし、社会に積極的に貢献することを目指しています。リトアニアでのライセンス取得は、CoinExのグローバルな戦略的発展における大きなマイルストーンでもあります。

CoinExは、その優れたコンプライアンス実績と強力なコンプライアンスチームにより、世界中のより多くの国や地域の投資家に安全で便利なサービスを提供できると確信しています。CoinEx:https://www.coinex.com

免責事項:本記事は投資に関するアドバイスを提供するものではなく、ここに記載されたすべての統計情報は参考情報です。本記事で提供される情報は、投資判断のために依拠することはできず、その責任はすべて投資家が負うものとします。

CoinEx-PR-20220914-003


免責事項:この記事は寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。