「強い経済」実現へ、消費喚起に向け賃上げ定着必要=麻生財務相

[東京 25日 ロイター] - 麻生太郎財務相は25日の閣議後会見で、アベノミクス第2ステージで掲げた「強い経済」の構築に向け、賃上げが定着する必要があるとの見方を示した。賃金が来年も伸びるという確信がなければ財布のひもが緩まないのは当然だと語った。引き続き企業に内部留保の有効活用を求め、個人消費を喚起したい考えだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。