正午のドルは120円前半、国内勢の下支えで底堅い

[東京 25日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の120.22/24円だった。年末の薄商いの中、値ごろ感から実需筋のドル買い/円売りが出て下支えし、底堅い動きとなった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。