焦点:消えゆく日本の「8つのノー」、湾岸戦争が安保政策の転機に

[東京 21日 ロイター] - 米国の著名な日本研究者ケネス・パイル氏は、集団的自衛権の行使や武器輸出などを認めない日本の安全保障政策を、かつて「8つのノー」と表現した。指摘のほとんどは、もはや過去のものになりつつある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。