金融庁、新日本監査法人に課徴金と新規契約停止を命令へ=関係筋

[東京 18日 ロイター] - 金融庁は、東芝の監査を担当してきた新日本監査法人に対し、課徴金納付命令と新規契約に関する業務の停止命令を同時に課す方針であることがわかった。課徴金額や業務停止の期間を詰めたうえで、来週に金融庁が処分を発表する。監査法人への課徴金命令は、2008年の制度導入以降、初めてとなる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。