マクドナルドに脱税容疑、フランチャイズ使用料でEU調査へ

[ブリュッセル 3日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手マクドナルドが2009年から、ルクセンブルクとの合意で、欧州のフランチャイズ使用料にかかる税金の支払いを逃れていた疑いがあるとして、欧州連合(EU)規制当局が調査に入る。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。