月10万弱の雇用増で新規労働力を吸収、利上げ近づく=FRB議長

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は3日、上下両院経済合同委員会で証言し、毎月10万人弱の雇用ペースを確保できれば、労働力への新規参入者を吸収できるとの認識を示した。11月の雇用統計の発表を翌日に控え、FRB当局者が求める雇用の伸びの最低水準が示されたと言えそうだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。