仏同時攻撃後もトランプ氏支持落ちず、クリントン氏と拮抗=調査

[ワシントン 17日 ロイター] - 仏パリ同時多発攻撃を受けてロイター/イプソスが実施した2016年米大統領選に関する世論調査によると、候補指名を争う共和党のドナルド・トランプ氏と民主党のヒラリー・クリントン前国務長官の支持率がきっ抗していることが分かった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。