独でサッカー試合中止、爆弾攻撃を警戒 首相が観戦予定

[ハノーバー 17日 ロイター] - ドイツのハノーバーで17日に予定されていたドイツ対オランダのサッカー親善試合が爆弾攻撃に対する脅威が存在するとして、開始約2時間前に急きょ中止された。同試合はドイツのメルケル首相が観戦する予定だった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。