前場の日経平均は3日ぶり反落、決定会合控え様子見姿勢

[東京 30日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比28円11銭安の1万8907円60銭となり、3日ぶりに反落した。日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとの心理から総じて様子見ムードが強く、もみ合いを続けた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。