原子力規制委、美浜3号の審査停滞に苦言 関電は続行を主張

[東京 27日 ロイター] - 原子力規制委員会は27日、関西電力の経営幹部を呼び、審査が停滞している美浜原発3号を中心に意見交換した。規制委の更田豊志委員は、美浜3号について「認可に至らないことがありうる」などと警告。これに対し、関電の八木誠社長は「審査に全力で対応するので、規制委には効率的な審査をお願いしたい」と述べ、同3号の審査続行を強調した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。