焦点:南シナ海の仲裁裁定を控え、中国のプロパガンダが過熱

[香港/ロンドン 3日 ロイター] - 南シナ海の領有権をめぐりフィリピンが中国を訴えた国際的な仲裁裁判の判断が迫るなか、日本や米国、東南アジアの当局者が神経を尖らせている一方で、中国高官は「気にしていない」と明言する。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。