第3四半期の中国GDPは前年比+6.9%、2009年以来の低成長

[北京 19日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した第3・四半期国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.9%で、第2・四半期の7%から鈍化した。予想の6.8%は上回ったが、世界的な金融危機以来の低成長となり、一段の冷え込みを避けるために追加刺激策を講じるよう当局への圧力が強まりそうだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。