米新規失業保険申請は42年ぶり低水準、労働市場の堅調さ示唆

[ワシントン 15日 ロイター] - 米労働省が発表した10月10日終了週の新規失業保険週間申請件数は、季節調整済みで7000件減の25万5000件と、42年ぶりの低水準を再び記録した。過去2カ月に雇用の伸びは鈍化したものの、労働市場が依然底堅いことを示唆した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。