9月の米CPIは0.2%低下、ガソリン安が重し

[ワシントン 15日 ロイター] - 米労働省が15日発表した9月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.2%下落し、1月以来8カ月ぶりの大幅な値下がりとなった。ガソリン価格の下落が重しとなった。前年同月比は横ばいで、4カ月ぶりに伸びが止まった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。