ゴールドマン2四半期連続の大幅減益、債券トレーディング低迷

[15日 ロイター] - 米銀大手ゴールドマン・サックスが発表した第3・四半期決算は、2四半期連続の大幅減益となった。世界経済の減速懸念を背景とする国際金融市場の混乱を背景に、債券トレーディング関連の収入が3割超減少したことが響いた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。