PGA TOUR×Autograph「ゴルフファン向けのNFTプラットフォーム」構築へ


アメリカ・北米の男子プロゴルフツアー運営団体である「PGA TOUR(PGAツアー)」は2022年9月19日に、NFTプラットフォームである「Autograph」と協力して、ファンの人々がゴルフの歴史的瞬間を所有することができるNFTプラットフォームを構築することを発表しました。

こちらから読む:WazirX、ステーブルコイン3銘柄を上場廃止に「暗号資産」関連ニュース

ゴルフ関連のNFTコレクションを展開

アメリカ・北米の男子プロゴルフツアー運営団体である「PGA TOUR(PGAツアー)」は2022年9月19日に、NFTプラットフォームである「Autograph」と協力して、ファンの人々がゴルフの歴史的瞬間を所有することができるNFTプラットフォームを構築することを発表しました。

「Autograph」は米著名アメフト選手のトム・ブレイディ氏が共同設立したNFTプラットフォームであり、今年1月には「Andreessen Horowitz」と「Kleiner Perkins」が主導した資金調達ラウンドで1.7億ドルの資金調達を完了したことなども報告されています。

PGAツアーとAutographは、2022年9月19日に包括的なデジタル・コレクティブルズNFTプラットフォームの構築に向けた長期契約を提携したとのことで、具体的には「ツアー競技のビデオ・データ・画像・その他競技に関連する要素を取り入れたデジタル・コレクティブルズ・プラットフォーム」を構築すると説明されています。

このプラットフォームを利用すると、世界最高のPGAツアーゴルファーやアーカイブ・現在のフェデックスカップシーズンのお気に入りの瞬間を描いたNFTを収集・所有することができるとのことで、コレクターは他のプログラム特典とともに「デジタル・対面・現場での限定体験へのアクセス」など、幅広い実用性を備えたリワードを獲得するチャンスがあるとも説明されています。


「PGAツアー」の最高法務責任者兼ライセンシング担当EVPであるLen Brown氏は『PGAツアーはファンの方々とゲームや選手の距離を縮める革新的な方法を常に模索している。Autographチームとともにゴルフファンの未来を築くことに興奮している』とコメントしています。

なお、今回発表されたNFTプラットフォームは2023年初頭にローンチされる予定となっており、現在は専用ページでメールアドレスを入力することによって、最新情報を受け取ることも可能となっています。

>>「PGAツアー」の公式発表はこちら
>>「Autograph」の専用ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。