GMOコイン「法人口座向けの暗号資産現物取引サービス」提供へ


暗号資産取引所「GMOコイン」は2022年9月6日に、法人口座向けの暗号資産現物取引サービスを2022年9月7日から提供開始することを発表しました。新たに暗号資産現物取引サービスがサポートされることによって、GMOコインの法人口座で利用可能なサービスは8種類となります。

こちらから読む:5,000DEPがもらえるキャンペーン開催「国内ニュース」

暗号資産の預入・送付サービスも提供予定

GMOコインは2022年9月6日に、法人口座向けの暗号資産現物取引サービスを2022年9月7日から提供開始することを発表しました。

法人口座は「日本法に基づいて設立された日本国内に本店・支店の登記がある株式会社・有限会社・合同会社のみ」が開設できる口座となっています。

GMOコインの法人口座では「暗号資産のレバレッジ取引」が利用可能となっていましたが、2022年9月7日からは「取引所(現物取引)をはじめとする暗号資産現物取引サービス」も利用可能になるとのことで、暗号資産の預入・送付サービスなども順次提供していく予定だと報告されています。

新たに暗号資産現物取引サービスがサポートされることによって、GMOコインの法人口座で利用可能なサービスは以下の8種類となります。

【GMOコインの法人口座で利用できるサービス】

  • 取引所(現物取引)
  • 取引所(レバレッジ取引)
  • 暗号資産FX
  • 販売所
  • 貸暗号資産
  • つみたて暗号資産
  • IEO
  • 日本円の入出金

【GMOコインが取扱う暗号資産】
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ネム(NEM/XEM)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
オーエムジー(OMG Network/OMG)
テゾス(Tezos/XTZ)
クアンタム(Qtum/QTUM)
エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
コスモス(Cosmos/ATOM)
シンボル(Symbol/XYM)
モナコイン(Monacoin/MONA)
カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
ダイ(Dai/DAI)
メイカー(Maker/MKR)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)
FCRコイン(FCRcoin/FCR)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)

>>「GMOコイン」の公式発表はこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。