米コインベース、MXC(MXC)とAurora(AURORA)上場へ

米コインベースでMXCとAURORA上場へ

米大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産エムエックスシー:MXC(MXC)とオーロラ:Aurora(AURORA)が上場することが8月31日発表された。

両銘柄は流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、日本時間9月1日午前2時以降に取引開始される予定だ。

取引ペアについては、両銘柄それぞれUSDをサポートすることになっており、段階的に開始されるという。なお両銘柄ともにイーサリアムのトークン規格ERC-20で発行されたトークンとなる。

また両銘柄は新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

エムエックスシー:MXC(MXC)とは

エムエックスシーは、誰でも簡単に暗号資産をマイニングすることを可能にするためのweb3インフラストラクチャプロジェクト。スーパーノードと呼ばれる独立したLPWANサーバーにMXCトークンをステーキングすることでユーザーは報酬のロックを解除できる。

現在MXCは、フォビグローバル(Huobi Global)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)などの多くの暗号資産取引所の他、分散型取引所(DEX)のユニスワップV3(Uniswap V3)で取り扱われている。なお時価総額は約258億円となっている(8/31 コインマーケットキャップ調べ)。

オーロラ:Aurora(AURORA)とは

オーロラは、ニアプロトコル(NEAR Protocol)のチームによって作成されたEVM(イーサリアムバーチャルマシン)と完全な互換性があり、高いスループットとスケーラビリティを特徴とするネットワーク。AURORAトークンはこのオーロラのガバナンストークンであり、オーロラ上の取引手数料にはイーサリアムが利用される。

現在MXCは、フォビグローバル(Huobi Global)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)などの多くの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やワンインチ(1inch)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約114億円となっている(8/31 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、DeFiレンディング「Ooki Protocol(OOKI)」上場へ

米コインベース、「イーサリアム先物商品」提供へ

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。