OpenSeaの新プロトコル「Seaport」がポリゴン(MATIC)のサポート開始

OpenSeaの「Seaport」がPolygonサポート開始

大手NFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」のプロトコル移行先「シーポート(Seaport)」が、ポリゴン(Polygon/MATIC)のサポートを開始したことが8月31日発表された。

「シーポート」は、「オープンシー」の新プロトコルとして今年6月21日に導入された。従来のプロトコルに比べ、ガス代の大幅な削減が可能になっている。また「シーポート」はオープンソースのプロトコルとして公開されており、web3セキュリティ企業のオープンツェペリン(OpenZeppelin)とトレイルオブビッツ(Trail of Bits)によって監査されている。

ポリゴンのサポート開始によってユーザーは、ポリゴンのネイティブトークンであるマティック(MATIC)を用いてシーポートで取引することが可能になったとのこと。「オープンシー」でポリゴンを利用して取引する場合は、ガス代としてMATICを支払う必要がある。

またこれにあわせて、ポリゴンで「シーポート」を利用すると、イングリッシュオークションやダッチオークションの実行、複数のアドレスに対する収益の支払い、一つのトランザクションで複数のNFTを転送できるようにするなど、いくつかの新機能がリリースされている。

「オープンシー」によると、今後数か月で、クレイトン(Klaytn)やその他のEVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換のブロックチェーンのサポートも追加する予定であり、今回のポリゴン対応により他のチェーンで新機能をより迅速に提供することが可能になるとのことだ。

オープンシーは「数ヶ月間、シーポートの効果を観察し、貴重なフィードバックを収集した結果、シーポートのポリゴン対応できることを嬉しく思います」と公式ブログで語っている。

関連ニュース

OpenSeaがアップデート、基盤プロトコルを「Seaport」に移行へ

OpenSeaでのNFT購入で、別NFTと暗号資産での決済可能に、「Seaport」発表

OpenSeaがアップデート、基盤プロトコルを「Seaport」に移行へ

OpenSea、NFTの不正コピー防止システム導入と公式バッジの仕組み更新

OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

参考:オープンシー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。