貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応


HashHub(ハッシュハブ)は2021年12月28日に、自分が保有しているBTC・ETH・DAI・USDCなどの暗号資産を貸し出しながら貸借料を得ることができる貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」の正式リリース版を公開したことを発表しました。

こちらから読む:Bybitにパレットトークン(PLT)上場「暗号資産」関連ニュース

国内最高水準の年率「HashHubレンディング」公開

HashHub(ハッシュハブ)は2021年12月28日に、自分が保有しているBTCETH・DAI・USDCなどの暗号資産を貸し出しながら貸借料を得ることができる貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」の正式リリース版を公開したことを発表しました。

HashHubレンディングは、自分が保有しているBTC・ETH・DAI・USDCなどの暗号資産を貸し出しながら貸借料を得ることができる「国内最高水準の年率の貸し暗号資産サービス」となっています。なお、2020年11月に公開された「先行リリース版」のサービス提供期間における1年間の提示貸借料率の実績は以下の通りです。

(画像:HashHub)(画像:HashHub)

(画像:HashHub)(画像:HashHub)

正式リリース版では「ダッシュボードでの資産状況の確認・暗号資産の貸出し・引出し」を簡単に行うことができ、公式サイトから本人情報登録を行うことによって最短当日から貸借料を得ることができるようになっています。

なお「法人顧客向けの正式リリース版サービス」に関しては『現在準備中』だと報告されており、提供開始までは引き続き「先行リリース版」を利用するようにと説明されています。

>>「HashHubレンディング」の詳細はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。