クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ

クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ

大手アートオークション企業クリスティーズ(Christie’s)とNFTマーケットプレイス運営のオープンシー(OpenSea)が共同で12月にNFTオークションを開催することが11月25日に分かった。

今回のオークションは全ての取引がブロックチェーン上で行われるとのことだ。ユーザーは、オープンシーでイーサリアムのブロックチェーンを介して、クリスティーズがキュレーションしたNFTを購入することができる。

オークションは12月1日から3日まで作品の閲覧可能となり、12月4日から7日まで入札可能の予定だ。

また今回のオークションはクリスティーズのノア・デイビス(Noah Davis)氏、デジタルアートのコレクター兼キュレーターのロニー・ピロヴィーノ(Ronnie Pirovino)氏、Web3.0関連企業「nft now」がキュレーションしたNFT作品が展示されるとのことだ。

現在オークションに出品される作品として明らかになっているのは、アーティストのマッドドッグ・ジョーンズ(Mad Dog Jones)氏の「Forever」とトム・サックス(Tom Sachs)氏による「Miami Vice Rocket」だ。

また「nft now」のサイトによれば、ColdieとSnoop DoggやSarah Zuckerなどが作品を展示する可能性もあるようだ。

参考:クリスティーズ(Christie’s)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/AdrianHillman

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。