視点:日本経済の「3つの命題」=マイケル・スペンス氏

[東京 22日] - ノーベル経済学賞受賞者でニューヨーク大学教授のマイケル・スペンス氏は、日本の大きな課題として、競争とイノベーションの激しい貿易財セクターに依存しすぎていること、グローバルな政策調整における影響力が経済力対比で弱まっていること、停滞する日中関係の3点を挙げる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。