WTO、農政改革で合意 ドーハ・ラウンドの扱いで溝埋まらず

[ナイロビ 19日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)は19日、ナイロビでの閣僚会議を終え、農業輸出補助金の廃止や農業輸出信用の制限などで合意に達した。当初の予定を1日延長し徹夜の協議が行われたが、多角的貿易自由化交渉「ドーハ・ラウンド」の今後の扱いをめぐる先進国と途上国の意見の溝は埋まらなかった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。