ドル120円後半、持ち高調整主体で上値重い

[東京 15日 ロイター] - 午後3時のドルは、前日のニューヨーク市場午後5時時点に比べて、ややドル安/円高の120.81/83円だった。あすの米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前にした持ち高調整主体で、上値の重い展開となった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。