焦点:大型ジャンク債ファンド破綻が示す非流動性資産投資の危険性

[ボストン 11日 ロイター] - 米投資会社サード・アベニュー・マネジメント傘下の高利回り(ジャンク社債)ファンドが事実上破綻したことで、時価の把握が困難で市場環境が良好なときでさえも取引しにくい非流動性資産を積み増す危険性が浮き彫りになった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。