アングル:短観から推計の需給ギャップ、人手不足で改善続く

[東京 14日 ロイター] - 14日に発表された12月日銀短観で、企業が人手不足感を強めていることが明らかになった。これは、日銀が物価を左右する要因として重視する需給ギャップのプラス幅拡大要因だ。雇用の改善が実際に物価を押し上げ、2%の日銀物価目標実現につながるのか注目される。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。