コラム:不振企業「退場」促す最低賃金と外形標準課税強化

[東京 11日 ロイター] - 安倍晋三内閣は、最低賃金1000円への引き上げと外形標準課税の強化にカジを切った。個人消費の底上げや法人減税前倒しによる経済活性化が主要な目標だが、それ以外の経済効果もある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。