アングル:中国で深刻化する大気汚染、電気自動車の好機に

[北京 10日 ロイター] - 中国の首都・北京市では今週、最も深刻な大気汚染を示す「赤色警報」が初めて発令されたが、これは同国でまだ新しい電気自動車市場にとって好機となっている。一部のディーラーからは、電気自動車に関する問い合わせが1割程度増加しているとの声も聞かれる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。