コラム:迷走米ヤフーの中核事業、落ち着く先はどこか

[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 大揺れの米ヤフーは9日、中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング株のスピンオフ(分離・独立)計画を撤回し、代わって住宅情報検索や広告などの事業の切り離しを検討すると発表した。ヤフーの中核事業のまっとうな落ち着き先は、著名実業家バリー・ディラー氏が率いるインターネット複合企業IACインタラクティブかもしれないし、通信大手ベライゾン・コミュニケーションかもしれない。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。