実質GDP改定値、設備投資のぶれが上方修正に寄与=麻生財務相

[東京 8日 ロイター] - 麻生太郎財務相は8日の閣議後会見で、2015年7―9月期の国内総生産(GDP)改定値が年率1.0%増に上方修正されたことについて「設備投資の読みが違っていた。(設備投資が)ぶれたおかげで1.0%増になった」との認識を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。