ECB量的緩和、都市・州発行債追加で2018年下期まで延長の公算

[ロンドン 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が資産買い入れの対象に、都市・州発行債を加えた場合、量的緩和策(QE)を2018年下期まで継続できるとの見方が出ている。これはECBが当面の期限としている2016年9月からさらに2年の延長となる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。