CO2排出不正で新車受注鈍化に直面、VW労働者代表が危機感

[ヴォルフスブルク(ドイツ) 27日 ロイター] - フォルクスワーゲン(VW)の労働者代表は27日、同社が二酸化炭素(CO2)排出水準や、燃料消費の過少表示を認めたことを受け、新車受注が鈍化に直面しつつあると危機感を表明した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。