正午のドルは122円半ば、仲値通過後は動意に乏しい

[東京 27日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ変わらずの122.59/61円だった。仲値付近は月末の実需筋のフローが流入して上昇したが、それ以外は動意に乏しく、おおむね122.60円台を中心に小動きとなった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。