焦点:対ISで「不可欠な国」に、プーチン流政治の落とし穴

[ブリュッセル 24日 ロイター] - プーチン大統領は、シリアに介入することで、比較的孤立していた状態からロシアを脱却させることに成功。そして米国がさらなる関与に二の足を踏むなか、シリアやウクライナ情勢、過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いにおいて、同国を「不可欠な国」にしようとしている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。