FRBの決定、もっと不確実性あってよい=米セントルイス連銀総裁

[フォート・スミス(米アーカンソー州) 20日 ロイター] - ブラード米セントルイス地区連銀総裁は20日、利上げ再開以降、連邦準備理事会(FRB)が政策を決定する際、会合ごとにもっと不確実性があってよいとの考えを示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。