日本株再浮上させた海外勢の買い、「全員参加型」から変わる中身

[東京 20日 ロイター] - 日経平均を2万円近くまで押し戻したのは、またしても外国人投資家の買いだが、その「中身」は以前と異なる。オイルマネーの勢いが減衰する一方、特定の外資系証券からの大口先物買いが目立つ。アベノミクスや日本株に対する海外勢の見方は楽観と悲観に二分されてきており、これまでのような「全員参加型」ではなくなりつつある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。