前場の日経平均は4日ぶり反落、円高進行で一時140円超安

[東京 20日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比103円83銭安の1万9755円98銭となり、4日ぶりの反落となった。ドル安/円高の進行を背景に、自動車や電機関連株が軟調に推移。不動産や金融セクターもさえない。前日比で一時140円超の下げとなった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。