投資家の株保有が増加、リスク選好で現金・債券は減少=調査

[ロンドン 17日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が公表した資産運用担当者を対象とする月次調査によると、11月に保有資産に占める債券や現金の比率が低下する一方、株式は上昇した。リスク選好が再び高まったことが背景にある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。