パリ多発攻撃、金融市場は短期的に下落へ 長期的影響ない見通し

[シドニー/東京/パリ 15日 ロイター] - フランスの首都パリで13日発生した同時多発攻撃を受け、週明け16日以降の世界の金融市場は短期的に下落するとみられている。ただ、今回の事件が経済に長期的に影響する、あるいは市場の方向性を変えるとの見方は少ない。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。