設備投資より消費回復優先を、所得の分配政策必要=自民・山本氏

[東京 10日 ロイター] - 自民党の山本幸三衆院議員は10日、都内のセミナーで、設備投資よりも消費の回復を優先的に促す必要があるとの見方を示した。個人消費が国内総生産(GDP)の約6割を占めていることを踏まえ、「消費が回復しない限り、設備投資がいくら伸びてもGDPを上げることにはならない」と述べた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。