ドル121円後半、米指標待ちでも株高眺め強含み

[東京 6日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の121.79/81円だった。米雇用統計の発表を控えて様子見ムードが強まったが、午後には株高や黒田日銀総裁、安倍首相の発言を材料に、ドル/円が強含む場面もあった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。