旭化成の通期予想、データ改ざん問題の影響織り込まず

[東京 6日 ロイター] - 旭化成が6日発表した2015年4─9月期連結営業利益は前年同期比19.1%増の844億円だった。子会社の旭化成建材による杭打ち工事のデータ改ざん問題に関する影響額は、現時点で合理的に見積もることが困難として、通期業績予想には織り込まず、営業利益予想は従来の1640億円を据え置いた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。