タカタ離れ拡大、富士重と三菱自がエアバッグ部品不採用検討

[東京 5日 ロイター] - 自動車各社によるタカタ製エアバッグ部品の採用を中止する動きが広がっている。最大顧客のホンダに続き、富士重工業と三菱自動車が5日、今後の新車に使わない方向で検討していると表明、両社とも市場に出回っている車の交換用としてもタカタ製を使用しない方針だ。各社のタカタ離れが進めば、同社の経営に大きな打撃になる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。