タカタ、エアバッグ部品の試験データを広範囲に操作=ホンダ

[東京/ワシントン 19日 ロイター] - タカタ製エアバッグの欠陥問題で、ホンダがタカタに依頼した第三者による監査の初期結果から、エアバッグを膨らませる部品のインフレ―タ―(ガス発生装置)の試験データに広範囲な操作があったことが判明した。ただし、この結果による新たなリコール(回収・無償修理)の必要はないという。ホンダが19日、明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。