正午のドルは121円半ばでもみあい、イエレン発言で米利上げ意識

[東京 5日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の121.44/46円だった。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受け、米国の12月の利上げが再び意識されている。仲値通過後、小幅に下押しされたものの、株高を眺めて持ち直した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。